「ちょうだい」

ほとんどのワンコにとって、食べる事ができる状況では
できるだけたくさんのモノをお腹に入れるのは本能です。

だから、拾い喰いなんてワンコたちにとっては当然の行動。

でも、毒が混入された食べ物で亡くなったりするニュースを耳にしたり、
日常生活でも口にして欲しくないモノを
知らない間に食べてしまっていることは多いと思います。

 

拾い喰いや誤飲はそういう事が起こらない状況を作って予防する事が一番の対処法
ですが、好奇心の強いワンコたちは人が思いもよらないようなモノを
口にしてしまったりします。

飲み込んでしまったら病院に行くしかありませんが、まだ口に咥えている状況なら
それを放すことができるように教えておくと、もしもの事故を防ぐ事ができます。

そういういざという時のために「ちょうだい」のコマンドを教えておけば、
ワンコの命を守る事ができるでしょう。


(例)志ちゃんの場合 

「ちょうだい」の練習の際、ワンコの夢中になれるオヤツを使いますが、
まずはアキレスやガムなど人の手にしっかりと持つことができる大きさの
オヤツを使いましょう。

そして、人がオヤツを持っている状態でワンコが噛んでいる最中に「ちょうだい」の
コマンドをかけて、ちゃんと放したらホメて再度噛ませてあげて下さい。


動画の志ちゃんはスムーズに放していますが、上手くできない時は放した時のごほうびに
噛んでいるモノよりももっと喜ぶオヤツを使ってみるといいかもしれません。

 

 

人がオヤツを持っている時(人に所有権がある状態)に上手に放すようになってきたら、
今度は人が持たないでワンコが咥えている時(ワンコに所有権がある状態)で
練習してみましょう。


志ちゃん、夢中でカミカミしている時でも「ちょうだい」のコマンドで
ちゃんと放す事ができました♪
与えたモノはなかなか放さない所有欲の高い子の場合は、
少しづつのステップアップしながらがんばりましょう!!

※口にしているモノを回収する練習方法はそれぞれのワンコによって異なります。
特に所有欲が高い子の場合はドッグトレーナーに相談の上練習して下さい。

犬のようちえん大阪堀江教室しつけ相談

広告
カテゴリー: トレーニング, 動画 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中